出産内祝いの意味|赤ちゃんが生まれたときに贈る出産内祝い!大切な5つのマナーを覚えよう|お祝い品.net

赤ちゃんが生まれたら出産内祝い!感謝の気持ちを添えて

出産内祝いの意味

フラワー

感謝の気持ちを伝えるために

「内祝い=お祝いを頂いた方へのお返し」というイメージをお持ちの方も多くいますが、内祝いという本来の意味は、自分が就職したときや結婚したときなど、嬉しい出来事があった際に身内や親戚、お世話になった方々に感謝の気持ちをこめて品物を贈ることを指します。この内祝いの中に出産内祝いがありますが、出産内祝いも同じく周りの支えてくださった方々に感謝の気持ちを伝えるという意味合いがあります。
頂いた出産祝いのお返しもそうですが、お世話になった両親や祖父母などの家族以外にも、協力してくださった方々に出産内祝いを贈って感謝の気持ちを伝えてみませんか。

出産内祝いを贈る場合

出産祝いを頂いた場合は、その頂いた品や金額の半分程度のお返しをする「半返し」がマナーになっています。しかし、頂いたもの全てに半返しを行っていては、高価なものを頂いた場合はかなりの出費になってしまいます。その場合は半返しでなくとも、感謝の気持ちをこめた品物を選ぶと良いでしょう。
出産内祝いを頂いていない場合は、赤ちゃんが生まれたことを伝えると共に、お菓子などの品を持って挨拶をしに行くと良いでしょう。その際品物を選ぶ際はあまり高価なものはおすすめできません。お菓子以外を選ぶ場合でも、相手に気を使わせない程度の品物を選ぶようにしましょう。

広告募集中