赤ちゃんが生まれる予定のある方は出産内祝いを考えておこう

出産内祝いの意味を知りたい方はこちら

フラワー

出産内祝いの意味

出産内祝いの意味や、出産祝いをいただいた場合に選ぶ品についてご紹介します。また、出産祝いをいただいていない場合にも内祝いの品を贈ることがあります。その際に選ぶ品や気をつけることを記載しております。

READ MORE

忘れてはいけない出産内祝い

赤ちゃんが生まれたら、お母さんはやることが多くてとても忙しくなるものです。しかし、ここで忘れてはならないのが出産祝いをいただいた方々へのお返しです。お返し以外にも、親戚や離れた家族にお披露目として赤ちゃんを連れて挨拶回りに行くこともあるでしょう。その際にも出産内祝いを用意しなくてはいけません。
出産内祝いと行っても何を用意したら良いのか、どんな品を選んだら良いのかなど、マナーについてわからないことがたくさんある方も多いのではないでしょうか。下記で出産内祝いのマナーや渡し方についてご説明いたします。出産内祝いで悩んでいる方は、贈る品を選ぶ前にチェックしてみてください。

出産内祝いのマナー

出産内祝いを贈るタイミング

赤ちゃんが生まれてすぐに出産祝いをいただくという場合も多くあります。出産直後はとても忙しくすぐにはお返しを用意できないこともあるでしょう。その場合は赤ちゃんが生まれてから1~2ヶ月を目安としてお返しの品を用意しましょう。
出産祝いは多くの方からいただくと思いますが、いただいた後でその方の住所を調べてお返しを贈るとなるととても時間がかかって大変です。パタパタしないためにも、産休などの落ち着いている時期に事前に友人や親戚の方々などの住所をメモしておき、準備しておくことをおすすめします。

遅れてお祝いを頂いた場合にもきちんとお返しをしましょう

出産直後にお祝いを頂く場合もありますが、かなり遅れてお祝いをいただくことも出てくるかと思います。その場合は、産後1~2ヶ月を目安にするのではなく、お祝いをいただいてから1ヶ月辺りにお返しをするよう準備を進めると良いでしょう。

お返しはいらないと言われた場合にできること

出産祝いをいただいた方からお返しは用意しなくていいと言われた場合は、どうしたら良いか、内祝いを贈っても良いかなど、悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、そのような場合は1人で考えずに配偶者の方や両親に相談してみることをおすすめします。
相手に気を使わせないために、お菓子などのプチギフトを用意してみるのも良いでしょう。

贈り物は一緒にしない

出産後はとても忙しいため、時間が経つのが早いと感じることもあるでしょう。いただいた出産祝いのお返しをしなくてはと用意している最中にお中元などが届いてしまうこともあります。その際に出産内祝いとお中元を一緒にしてはいけません。必ず別々で贈るようにしましょう。なぜなら、内祝いをもらった相手からすると、ついでに品物を用意されたというように感じてしまうからです。

お返しを忘れた場合は

育児でパタパタして毎日忙しいお母さんは、出産内祝いの存在を忘れてしまうことがあるかもしれません。そんな場合は焦って高価なものを用意したりせず、しっかりとお詫びの言葉を添えて品物を贈るようにしましょう。

出産内祝いのマナー

親子

出産祝いをいただいたらお礼状を添えましょう

出産祝いをいただいたら、その方に品物を贈るだけでなく、お礼状も一緒に添えましょう。お礼状を書く際は、柄などの入った便箋ではなく、白い無地のものを用意しましょう。それから黒のインクで縦書きにし、感謝の気持ちを記載しましょう。

品物を選ぶ場合は

出産内祝いだけでなく、周りで赤ちゃんが生まれた方が居たら、出産祝いを用意することもあるでしょう。その品物を選ぶ場合は、実際にお店で手にとって商品を見ることで、良い品を見極めることができたり、相手のことを想像しながらお祝いの品を選ぶことができます。忙しい方は、ネット通販などを利用しても良いでしょう。

出産直後で忙しい方は

出産直後で忙しく出産内祝いの品物を買いに行くことが出来ない方や、仕事が忙しく出産祝いを用意する時間を作れない方は、ネットで検索することのできる通販をおすすめします。品揃えも豊富で、出産内祝い専用の品物や、人気の品などを見て選ぶこともできるからです。そのネット通販を利用したことのある方の口コミをご紹介します。

ネット通販を使用した方の口コミ

助かりました!

1人目を産んだときはまだ時間に余裕があったので近くのデパートなどでお返しの品を選ぶことができましたが、次の年に2人目が生まれたときは毎日が忙しくお返しを買いに行く時間をなかなか作ることができませんでした。ですがネット通販でお返しの品を探せると友人に教えてもらい利用してみたのですが、家にいながらもたくさんの品から選ぶことができたのでとても助かりました。

出産祝い専用サイトを利用しました

普段は仕事が忙しく、休日は家事や育児で忙しいためなかなか出産祝いの品を選びに行くことができませんでした。しかしネットで検索したところ通販でも出産祝いを購入できると知り、利用してみました。出産祝い専用の通販サイトだったので、のしや包装紙などのサービスも付いていたのがありがたかったです。

広告募集中